コンパクトな空間ながら、少しでも緑を増やそうと試みた空間。

車の出入りを考慮し、ギリギリの所まで植栽、跳ね出した構造のパーゴラを作り縦の方向に、ぶどうとクレマチス(常緑)でボリュームを出そうと考えた。
レンガは建築と同系色のランダム張り。黒い門扉が重厚感を出している。
門扉脇には、ライスフラワー、お米のような花をたくさんつけ、鑑賞期間も長い、オーストラリア産の植物。

施工後3年あたりでぶどうがパーゴラに届きそうで、実がなるのが楽しみである。





太田区の家

Date 2015


施工面積     23㎡(前部分14.8㎡)

概要

ウッドフェンス(表札、インターホンカバー)
門扉
レンガ舗装               
駐車場
パーゴラ
植栽